Liquides Imaginaires Fleuve Tendre



Fleuve Tendre

「La Carte de Tendre(恋愛地図)」3つの河川が流れる空想上の大地の地図です。

愛をテーマにした小説Clelie(クレリー)の挿絵として知られている恋愛地図はFrancois Chauveau(フランソワ・ショヴォー)によって描かれました。

この恋愛地図からインスパイアされたフレグランスは、まさにリキッドイマジネが提唱する、愛と冒険が基盤になっています。

躍動的でロマンチックなフレグランスは激しいセンシュアリティを解き放ちます。

17世紀〜18世紀、社交界のサロンの貴婦人達を中心に発展したプレシオジテのように、この新しいオードパルファムの歴史が始まります。

快楽を覚えるサルファーを抑えて、フレッシュなスパイスノートと重なり合います。

「La Carte de Tendre(恋愛地図)」では、未知の土地の反対岸の岩山の中に洞窟があります。

青いアザミの香り漂う低木沿いの狭い小道を抜けると、ワイルドローズの茂みに覆われた洞窟の入口。そこはローズの香りが支配しています。

冷たい壁で囲まれた洞窟でこいびと達は出逢い、長い間心に秘めた愛情を解き放ち、逢瀬を重ねるのです。

「パフューム」の川は海へ流れ込み、香りは襲いかかる危険を乗り越えて、ついに対岸に辿り着きます。そこは愛の楽園の地です。

恋人達が小道を通ると、魂、衣服、ボディに、永遠に忘れることのできない香りの刻印が押されるでしょう。

その香りは「La Carte de Tendre(恋愛地図)」の危険を冒しても手に入れたい、秘密の恋愛を体現しています。

トップノート:マンダリン、ブラックペッパー、カルダモン、クミン、サフラン、ナツメグ
ミドルノート:ベタリア、ローズウォーター、ゼラニウム、Aldron
ベースノート:ベチパー、パチュリ、インセンス、アニマルノート、シベット、Muscarome、トンカビーン、スエード
調香師:ソニア・コンスタント

「Aldronについて」

Aldronは、媚薬のように漂います。
ライオンの檻のような香りとも、心地良い汗の香りとも例えられる、なんとも官能的なフレグランスです。
Tonkin Musk(合成のムスク香料でない)を連想させるアンバーグリス。ウッディなアンバーノートです。
Aldronを身に纏うと、センシュアルな魅力を際立たせると言われています。ある研究報告では、待合室の座席にAldron(男性ホルモン)をこすり付けると、後からこの部屋に入った女性は他の座席を素通りし、Aldronの香り漂う座席を選択する。ということが実証されています。


Liquides Imaginaires
Fleuve Tendre
100mL
Prise ¥25000+税





通信販売も承っておりますので、ご希望の方は、下記のメールアドレスまでご連絡下さい。


TALE COCOON
大阪府大阪市浪速区幸町2丁目2-47 メゾン難波106
06-6568-1520
talecocoon@gmail.com
open 13:00〜21:00
close thursday

コメント

人気の投稿